286: 名無しさん 2016/07/05(火)09:29:31 ID:9eA
昔憧れていた先輩
その人含めた数人と一緒に行く機会があったんですが、食べ方がとてつもなく汚かった
食べ散らかすというようりは、綺麗に食べようとして逆に汚らしくなっている感じ

ご飯粒を残さないこと自体は素敵だと思うけれど、お皿に余ったピラフの米粒をスプーンなどで救うのではなく直接舐めて食べる
肉料理のソースや煮汁→葉の大きい野菜をフォークにとってお皿に近づけたので、ドレッシング的な感じで救うのかと思ったら
汁を全部かき集めてやっぱりお皿を直接舐める
浅いお皿に僅かに残ったスープを(ry
他にも指やナイフに付いたソースを音立てて舐めたり
フォークの背に乗っけたご飯に、なんというかこう 進撃の巨人が人をつまんで食べる感じの角度で喰らいついたり

その食事中「皆には言ってなかったけど俺の父親はとても腕の良いシェフ。
いかに食事を食べ残さないかが食べ物と作った人に対する敬意だと小さい頃から聞かされて、必ず完食するようにしている」と言っていた

その心がけ自体はとても良い事ですが、あの食べ姿を見て、憧れや尊敬の気持ちが自分でも驚くほど冷めていった

287: 名無しさん 2016/07/05(火)11:28:45 ID:V49
それまで誰も注意しなかった事がびっくりだわ

288: 名無しさん 2016/07/05(火)17:34:04 ID:f8v
みんなポカーンとしてたんじゃね?

それまでの人生でってことなら、
わざわざ食事中に言い訳めいた説明してることから
多分注意されてもまるきり聞く耳持たなかったんだろうな

引用元: 百年の恋も冷めた瞬間 Open 5年目

おすすめサイト最新記事一覧

日常カテゴリの最新記事

 

コメントを残す